さぶといち - matin - 2009年3月20日


またgyaoネタでごめんさい。
ラクライの2人はもちろん、ミュージシャンはマックユーザーが多くて、なかなかgyaoネタは通じないので、リアルタイムな共感者を探してみたり。。。
 家で食事する時、gyaoの短い番組を見ることが多かったので、基本、どの番組も一期一会だったのですが、今、全52話を絶対みたいという番組が出現!!

 「佐武と市 捕物控」 (さぶといち とりものひかえ)

たまたま、大好物のHOT1の五目チャーハンを食べながら、いつものように番組を選んでたら、たまたま1、2話目をやってるものがあって何気なく見ちゃったわけです。 時代劇な感じのアニメなので、好き嫌いはあると思いますが、とても感じるものが多いです。 1968年頃の作品で、アニメなのにあまり動きません。 紙芝居のようなのですが、カメラワークで頑張ってたり、たまに実写が混ざってたり、すごいです。 声は、「宇宙戦艦ヤマト」の古代くんの役の方で、33話から、赤いジャケットを着た「ルパン三世」からの石川五右衛門の声をやってる方に代わるそうです。  大人向けに作って、異例の21時からのアニメだったらしいのですが、後に19時になったそうです。

 そして、おそらくモデルは勝新太郎さんの座頭市であろう、市がかっこよすぎます。
情緒ある一言とかたまりません。

「枯れ葉の落ちる音は…  静かだねぇ…  」

ウィンドウズの方は、ぜし見て、感想を教えてくださいね。。。


コメント

コメントウェルカム!どうぞお気軽に。

コメント投稿